検索ボックス
 

“ちゃん付け”は「アカハラ」

“ちゃん付け”は「アカハラ」…山梨大教授が減給処分
12月1日8時1分配信 スポーツ報知


 女性の下の名前に「ちゃん」を付けると、ハラスメント!? 山梨大(甲府市)は女子学生を「ちゃん」付けで呼んだのはアカデミックハラスメント(アカハラ)に当たるとして、同大大学院の50代の男性教授を減給処分。
“ちゃん付け”の波紋の大きさに「厳し過ぎる」の声も出ているが…。

 処分されたのは、山梨大大学院医学工学総合研究部の50代の男性教授。アカハラにより、減給1万704円(1回)の懲戒処分となった。

 同大によると、教授は昨年の9月から11月にかけ、指導する研究室に所属していた女子学生に対し、名前に「ちゃん」を付けて呼ぶなどしたため、学生が不快に感じていたという。

 女子学生は大学内に設置されているハラスメント相談室に訴えた。相談室はさらにキャンパスハラスメント防止委員会に上申し、調査委員会が教授らから話を聞いていた。同防止委員会では、性的嫌がらせのセクシュアルハラスメント(セクハラ)、労働環境を悪化させるパワーハラスメント(パワハラ)、教授が学生に対して行うアカデミックハラスメント(アカハラ)という定義があり、今回はアカハラに該当するという。

 同大広報グループでは「本学では基本的に受け手が不利益と感じた場合は、たとえ教授が親しみを込めたつもりでもハラスメントと判断する」といい、教授の地位を利用した嫌がらせと判断した。同大学院の同研究部では05年に女性助教授(当時47歳)が助手にパワハラを行ったとして諭旨解雇処分を受けるなど、これまでもハラスメントには厳しい姿勢を貫いてきた。


ダイエーホークスタウン前社長のセクハラ逮捕

女子社員にキスを強要したなどとして、ダイエーホークスの本拠地・福岡ドームなどを運営する「ホークスタウン」(福岡市中央区)前社長の高塚(こうつか)猛容疑者が強制わいせつ容疑で逮捕された。複数の女子社員が告訴しており、逮捕に踏み切られた。

 高塚容疑者は今年9月、女性社員へのセクハラや不明朗な経営などを理由に、米投資会社コロニー・キャピタル主導のホークスタウン経営陣により解任されていた。同容疑者は10月、出版社ダイヤモンド社社長も退任した。

 調べだと、高塚容疑者は今年4月、ホークスタウン社内で研修中、多くの社員が見ている前で女子社員を抱き寄せ、無理やりキスするなどした疑い。女子社員は「社長なので、人事の報復が怖く、何も言えなかった」と訴えているという。

 関係者によると、高塚容疑者は、ホークスタウン前身の福岡ドーム社長に着任(99年)後、セクハラを始めた。「女子社員に舌まで入れたキスをしたり、胸や太腿、その奥まで触っていたようです。社員旅行では社員の布団に潜り込んだり、携帯電話で撮影した女性の陰部を携帯の受け画面にし、社員に見せて喜んでいたようだ」。

 高塚容疑者が02年に出版した自著『抱擁力』(中谷彰宏氏との共著)には、《高塚さんはキス魔(中略)普通だと、セクハラになる。ところが、そうならないところに、高塚マジックがある》《出張のたび、スチュワーデスに声をかける》《太ももは手前から奥へではなく、奥から手前になでる》などのエピソードが紹介されていた。

 

人権救済の申し立て

 日本弁護士会がセクハラに関する人権救済の申し立てを受け付けています。セクハラの事実と相手方に求めることを明記した申し立て所を提出します。弁護士会の担当弁護士が事実調査し、申し立てが事実であるとした場合には相手方に謝罪やセクハラ防止に必要な措置をとつことなどの警告や勧告をします。
 警告や勧告に強制力はありませんが、相手方がこれに応じて解決をみることも少なくありません。
 また同様の制度が法務省の人権擁護局にもあります。各地の法務局が窓口となっていて法務省が委嘱した人権擁護委員が相談および調査にあたり、文書や口頭での官億を行っています。

セクハラを厚生労働省などに指導依頼

均等法上、監督官庁である構成労働省地方労働局均等室の室長は、セクハラ防止のための取り組みについて事業主に対し、報告を求めたり助言、指導、勧告ができることになっています。ですから、各都道府県の労働事務局や労働部などがセクハラの相談にのっていますし、ケースによっては加害者本人や会社に対する指導もおこなっちます。是非相談してください。

セクハラについて会社と直接交渉する

会社にセクハラの苦情処理の窓口があればそこに、なければ上司や人

事担当者などに対し、セクハラの具体的事実、会社に対して何をして

もらいたいのかを具体的に申し出ます。

秘密の厳守や経過や結果の報告を求めることができるのは当然です。

この場合も重要なやりとりはできるだけ書面に残しておく、交渉結果

を記録しておくことは加害者の交渉の場合と同様です。

労働組合がある場合は、組合に相談して組合から会社と交渉してもら

うなどの方法もあります。

セクハラ被害からの脱却

セクハラ被害からの回復には、あなたは何を求めますか?

加害者に対して、セクハラを止めさせるのは当然のこととして、謝罪

させる、損害を賠償させる、会社の懲戒処分を受けさせる、刑罰を科

す、が挙げられます。

また、謝ってくれたら許すけど、開き直るなら処罰まで求めるなど、

相手の出方によって変わる場合もあります。

セクハラの双方の言い分が対立したら。

セクハラの相談を受けたけど、双方の言い分が対立する場合はどうし

たらよいのでしょう?

男性側は「やっていない」、女性側は「やられた」とどちらが正しい

のか一見わからない場合もあります。

そのような場合、双方の言い分をしかkり聞くことです。

できるだけ具体的に聞いていれば、だんだんと真実がつかめてきま

す。話をしているときの態度も観察しましょう。だんだん、しどろも

どろになる場合には、嘘をついている可能性が高くなります。

また、周りの人からの意見を聞いてみるのもよいでしょう。

性的な事情を人前で口にするのはじょせいにとって勇気のいることで

す。ありもしないセクハラで、相談をもちかけるのは通常はありえま

せん。

部下や同僚から相談を受けたら?

相談者が決断するのに必要なな情報を提供したり、どういう方法がと

れるかをアドバイスすることは良いことです。しかし、思い込みによ

る不正確な情報や助言は混乱を招きます。貴方の考えを押し付けるこ

とのないようにしてください。

相談者は、あなたを信頼し頼りにしています。相談者と一緒に加害者

に話しに行く、相談窓口にいくなど、相談者が望めばできる限りのk

とをしてあげてください。逆に安請け合いはせず、無理ならはっきり

断ってください。

記録をとることは非常に重要です。日時、相談内容、相談者の様子、

貴方の受け答えなどを記録しておきましょう。



セクハラを部下や同僚から相談を受けたら

セクハラについて相談を受けたら、まずは真摯に対応してください。

あなたを信頼し援助を求めて相談に来ているのですから、当たり前の

ことですが、相槌を打ったり、要点をまとめたりするなど、理解して

いるということを伝えてください。

相談者の感情や考えをそのまま受け止めます。否定的な対応は禁物で

す。秘密は厳守してあげてください。家族などにも不用意に話しては

いけません。

相談者はあなたに何をしてもらいたいのか?これをはっきり理解した

うえで行動を起こしてください。何もしなくても良い場合もありま

す。先走った行動は要注意です。








男性のセクハラ??

セクハラでは、男性が加害者、女性が被害者のケースが多いですが、

逆の場合ももちろんあります。

男らしさの固定観念を押し付けることで、嫌がらせやおびやかしにな

ります。男のくせに、そんなことするなんて男らしくない、などど、

個性や意思を無視して、らしさ、を強調すれば、その職場は男性にと

って働きにくいとことになります。

男性が、女性から望まない性的誘いをかけられたり、交際を要求され

ることもあります。地位や力の関係が女性が上にたつと、男性に対し

てセクハラが行われることも少なくありません。

男性のセクハラ問題は、決して無視できない問題になりつつあります。




XXXXXXX

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

xxxxxxxx